波乱万丈な社会人生活のスタート。

 

いちばん苦手な接客が仕事に・・・

 

私は高校では食物栄養コースで
勉強をしていたので、

私としては、

栄養士とかを目指したいなと
思い始めていたので、
進学したかったのですが

家計的に難しかったので
両親の勧めで就職しました。

 

でも高校で就職先を探していた時、

部活が忙しかったこともあって
私が就職活動をする頃には

販売や接客しか
求人が残っていなくて、

しかもそれは、職業の中で
私が最もやりたくないモノでした。

部活で人見知りなどは
しなくはなっていたものの

元々、人と関わる事が怖く、
人づきあいが苦手なので
不安しかありませんでした。

 

30年ほどたくさんの労働を経験。

 

私はこれまで、30年近く
色んなお仕事を経験しました。

駅のホームの売店
セブンとLAWSON
和菓子屋と本屋
ショッピングモール
生命保険の外回りの営業 など。

他にも製造業の現場で
派遣として愛知や関東に移住
働いたこともあります。

 

その中でもいちばん多かった仕事が
苦手だった販売でした。

 

その中でショッピングモールでの
仕事というのは
イオン直営店
衣料売り場で、
私は

靴・かばん・服飾雑貨の
売り場の担当でした。

私の地元に当時イオンが新しく
グランドオープンするとのことで、

販売の経験があったおかげで、
オープニングスタッフとして
オープン前に採用されました。

 

私の想いがお客様に伝わり苦手を克服。

 

そしてある時、

私が接客業への苦手意識を
克服する
きっかけになった、

忘れられないできごとがあります。

それがイオンで
働いていた時のことです。

 

ある時、60代くらいの
年配の女性が靴売り場に
来られていました。

その方は靴選びに困っていて、

どのお店でどんな靴を買っても
絶対に足が痛くなるので

新しい靴が欲しいけど
選び方が分からないと悩んでました。

 

そこで私はそのお客様が
なぜ新しく靴を買いに来たのか
その理由を尋ねました。

すると、その女性のお客様の
娘さんが東京で暮らしていて、

その娘さんが今度結婚をするから、
結婚式のために東京へ行くので、
履いていく靴を新調したいと
言われました。

だけど、いつも
靴が合わないせいで
足がすぐ痛くなるので、

せっかく娘に会いに行っても
足の痛さが常に気になってしまうので

遠い東京にわざわざ
逢いに行っても

困ってる年配女性
集中して楽しめない…

と、がっかりされるんだそうです。

 

そこで私は、
そのお客様に合う靴を
色々試着をしてもらい

30分近く時間をかけて
自分に合う靴の探し方
教えてあげました。

すると、そのお客様は、

気に入った靴を
何とか見つけることが出来て
購入して下さいました。

 

でもこの話は
ここで終わりじゃないんです!

実はそのお客様は、
それから1週間後
もう1度売り場に来られました。

 

たかよ
またお買い物ですか?

と尋ねました。するとその女性は、

喜ぶ年配女性
買いに来たんじゃないんです
今日はあなたにお礼が 言いたくて来ました

と言って、

あの時は一生懸命合う靴を
時間をかけて探してくれて助かりました。

と私に言って下さったんです!

東京でも足が全然痛くならずに
靴のことを全く気にすることなく、

娘の独身最後1日を
一緒に東京で思いっきり楽しく
過ごすことが出来たので、

喜ぶ年配女性
どうしてもお礼が言いたくて…

と、東京での娘さんの
結婚式のお写真などを
沢山見せに来て下さったんです♪

 

 

販売や接客を苦手ながらも
それまで色々やっていましたが、

このイオンでの経験が

対人恐怖症という
過去のトラウマから
私を克服させてくれました♪

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

松尾貴世(たかよ)

【雇われ労働で生活に苦しむ方を応援】元:販売&接客&営業約20年│仕組みでの働き方を提案│YouTube歴2年│未経験でも安心して取り組める【note&SNS】でのコンテンツビジネスを提案中♪│1人っ子▶天涯孤独▶体を壊し仕事失う▶絶望▶2018年よりネットビジネスで再出発│持ち前の努力&前向きさ&行動力を武器に幸せを目指し活動中(^^)/ 私の詳しい自己紹介はプロフィールを見てね(^^)/

おすすめ記事

1

  こんにちわ、松尾たかよです。 実は私・・・   ブログメルマガアフィリエイトを 辞めましたっ! でも、あわてないで(笑) これにはちゃんと理由があります。   &nb ...

© 2020 Takayo Matsuo